社会保険労務士の主な業務内容について詳しく解説!

公開日:2022/08/01   最終更新日:2022/08/18

社会保険労務士

社会保険労務士とは、どのような業務を行っているのかご存知でしょうか。この記事では、社会保険労務士の主な業務内容や就職先について紹介します。また、社会保険労務士の仕事の魅力についても見ていきましょう。社会保険労務士を目指している方は、業務内容や就職先について事前にしっかり理解しておくことが大切です。

社会保険労務士の主な業務内容

合格率が低いといわれている社会保険労務士ですが、実際にどのような業務を行っているのかご存知でしょうか。主な業務内容について紹介します。

手続き代行

労働保険や社会保険などに関する書類の作成と手続きを代行する業務です。書類の作成や手続きを社会保険労務士が行うと、ミスや違反を防げるのです。企業と従業員の信頼関係を維持するために有効であり重要な業務といえるでしょう。

事務代理

給与の計算や人事雇用、雇用に関する相談などを代理で行います。従業員のメンタルヘルスに関する対策まで対応可能です。社会保険労務士でなくても行える業務なのですが、判断が難しいケースもあることから、社会保険労務士に依頼する企業も多いのです。

帳簿書類の作成

労働社会保険諸法令に基づいた帳簿の作成は、社会保険労務士の独占業務。企業の担当者が行うことも可能ですが、帳簿は法律の改正に合わせて調整していかなくてはいけません。法律に関する知識がないと難しい業務といわれています。多くの企業は、労働社会保険諸法令に基づいて義務付けられている帳簿は、社会保険労務士に依頼しているのです。

人事労務のコンサルティング

契約社員やアルバイトとして働いている人も多いでしょう。そのため、人事総務の管理が複雑化しているのです。企業の担当者では解決しにくい場面も多くあります。プロの立場からコンサルティングをすることで解決しやすくなるのです。

社会保険労務士の就職先にはどのようなものがある?

社会保険労務士には、どのような就職先があるのでしょうか。代表的な就職先を紹介します。

社会保険労務士事務所

一番有名な就職先は、社会保険労務士事務所です。企業や個人から相談を受け指導を請け負っている事務所です。一般的に、社会保険労務士事務所は個人で事務所を開いています。実際に求人を出している事務所は少なく、パートとして働く人が多いようです。

企業の人事総務

一般企業の中で、人事総合部門として社会保険労務士を募集している企業があります。社会保険労務士の資格を持った人がいることで、外部の社会保険労務士を頼る必要がなくなるのです。

しかし、資格を持っていても実務経験がないと採用しにくいとされています。一般企業への就職を考えている人は、一度実務経験を積んでから就職したほうがよいかもしれません。

個人開業

社会保険労務士として独立し、事務所を開業することも可能です。まずは社会保険労務士の資格を取得し、全国社会保険労務士連合会に登録しましょう。

また、個人開業するためには、実務経験を積まなくてはいけません。企業の人事総務部門や、社会保険労務士事務所などで2年以上の実績を積む必要があるのです。個人開業の場合は、経理から営業まですべて自分で行う必要があり、最初は収入が安定しないかもしれません。しっかり事前準備を行ってから開業するようにしましょう。

ほかの士業の法律事務所

社会保険労務士事務所以外の事務所でも就職が可能です。業務内容は、社会保険労務士事務所と大きく変わりはありません。主に労災や年金関係、賃金形態の指導などに関わることになるでしょう。

社会保険労務士の仕事の魅力

社会保険労務士の資格は非常に難易度が高いといわれています。資格を取得するために時間を費やし合格、社会保険労務士として働くのは大きな魅力があるのでしょう。社会保険労務士の仕事の魅力について考えていきます。まずは、労働者と経営者の両方から信頼されることです。

社会保険労務士は、労働に関しての知識が豊富さを求められます。労務士と経営者の両方を理解できる社会保険労務士は、大きな信頼を得ることになるでしょう。信頼が大きいということは、その分収入も大きくなる可能性が考えられます。豊富な知識を活かしながら大きな収入を得ることが期待できるのです。

さらに、主な業務のひとつとして、企業の労働状況の改善をすることになります。自分の力で企業の労働状況を改善させるのは、やりがいを感じることでしょう。労働者と経営者の両方が満足できるような環境づくりをすることは、社会保険労務士にしかできない仕事です。豊富な知識を活かしながらやりがいを感じられるので、魅力的な仕事といえるのではないでしょうか。

まとめ

社会保険労務士になるための試験は、難易度が非常に高いといわれています。同時に人気の資格でもあるのです。さまざまな企業から依頼を受け、社会保険労務士しかできない独占業務もあります。また、企業の労働者と経営者の両方に満足してもらえるような環境づくりをすることは、とてもやりがいを感じる仕事であり社会保険労務士にしかできないのです。社会保険労務士を目指している方は、改めて業務内容や就職先についてしっかり理解しておきましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

難関資格といわれる社会保険労使試験を受験する場合、ほとんどの方が資格予備校や通信講座を利用して勉強しています。受講するためには、どれくらいの費用がかかるのか、気になっている方も多いのではない

続きを読む

社名:株式会社リンクアカデミー 住所:〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目12-15 歌舞伎座タワー 15F TEL:03-6853-8066 難関の国家資格ではあるものの、合格すれば

続きを読む

社会保険労務士の資格は雇用や社会保険、年金の分野では唯一の国家資格です。資格をとって収入をアップしたい方もいるでしょう。しかし具体的にどんな勉強をすればよいのか分からない方は多いのではないで

続きを読む

社会保険労務士という職業をご存じですか?労働と社会保険の専門家として、さまざまな手続きを行う重要な役割を担っています。人気の資格ということで、予備校・通信講座など資格を取得できる講座の数が増

続きを読む

数ある資格試験の中でも、難関資格として知られる社会保険労務士ですが、試験対策はいつごろから始めるべきなのでしょうか?この記事では、一般的に推奨される開始時期を解説しています。また、社会保険労

続きを読む

社会保険労務士になるためには、さまざまな資格や知識が必要です。社会保険労務士になるための試験はどのぐらいの合格難易度なのでしょうか。この記事では、社会保険労務士試験の合格難易度や受けるために

続きを読む

社会保険労務士は、毎年4万人前後が試験を受ける人気の資格です。社会保険や労働保険の専門家のため、資格に魅力を感じる方は多いでしょう。しかし、実際にどうやって資格を取るかを知らない方は多いので

続きを読む

社会保険労務士とは、どのような業務を行っているのかご存知でしょうか。この記事では、社会保険労務士の主な業務内容や就職先について紹介します。また、社会保険労務士の仕事の魅力についても見ていきま

続きを読む

社会保険労務士と労務管理士はどちらも労務管理を行う仕事ですが、違いについて知っている方はあまり多くはないでしょう。仕事の幅や試験内容が変わるため、資格の取得を検討している方はきちんと理解して

続きを読む

社会保険労務士は難関資格ではありますが、さらにダブルライセンスを持っていると仕事を取ることに有利といわれています。そこで今回は、ダブルライセンスを取得するとどんなメリットとデメリットがあるか

続きを読む