通信制の社会保険労務士予備校を選ぶ際に注意するべきポイントとは?

公開日:2022/04/19  

選ぶポイント

社労士の合格を目指すうえで、選択肢の一つになる通信講座ですが、必ずしもすべての方に向いているわけではありません。費用の安さなどメリットはたくさんありますが、デメリットもあります。ここではメリット・デメリットとあわせて、数ある通信講座のなかから選択するポイントについてお話しします。

社会保険労務士予備校は通学と通信講座どちらがおすすめ?

社会保険労務士予備校への通学と通信講座、それぞれにメリット・デメリットがあります。ここでは主に、通信講座に焦点を当てて、それぞれのメリット・デメリットについて詳しく説明します。

費用が安くすむ

通信講座の最大のメリットです。とくに安価なところでは、社労士の講座を5万円台から受講することができます。しかし、安い=メリットばかりではありません。

お金がかかっていない分、簡単に講座を途中でやめてしまうデメリットもあります。ほかにも、直接対面でのサポートを受けられなかったり、整った学習環境を利用できない点がデメリットとして挙げられます。

時間の自由がきく

予備校と異なり、好きな時間に受講できるのも通信講座のメリットです。時間に縛られることがなく、通学に時間を費やすこともありません。近くに予備校がない方にとって、とくにありがたいメリットといえるでしょう。一方で、同じ教室に通う仲間やライバルがいない分、モチベーションの維持が難しいというデメリットもあります。

場所の自由がきく

最近の通信講座は、どこでも好きな場所で受講できるようになりました。DVDやテキストが最初から用意されておらず、スマホやタブレットでの受講が前提という講座も登場しています。

選りすぐりの講義を受講できる

通信講座を担当するのは、豊富な実績を持つ選び抜かれた講師です。頭に入りやすい、分かりやすいなど、講義内容が優れているメリットがあります。確かに相性こそありますが、そういった場合に取捨選択しやすいのも、通信講座ならではのメリットだといえます。

自身のペースで学習ができる・緊張感に欠けるかも?

同じ講義を何回でも受けられるのも、通信講座で社労士を目指すメリットです。繰り返し受講することにより、重要な内容への理解をさらに深めることができます。

一方で、いつでも受け直すことができるという安心感から、緊張感に欠けた受講になってしまう可能性もあります。生の講義の緊張感や迫力は、通信講座に足りない点だといえそうです。

通信制の社会保険労務士予備校の受講費用が通学制よりも安い理由

上でも述べたとおり、社労士の通信講座の最大の魅力は、費用が安いところです。しかし、費用が安いだけに「授業や教材の質が低いのではないか?」という懸念があるかと思います。ここでは、通信講座が安い理由について見ていきましょう。

資格予備校の運営費用がかからない

社労士など資格予備校の運営には、地代家賃がかかります。とくに大手の資格予備校は、駅前などの好立地にあるため、必要な地代家賃は高額になります。

また、電気代などの光熱費も、決して安くはないでしょう。一方で通信講座は、そういった運営費用を安く抑えることができます。通信講座のなかには、教室でのスクーリングが併用できるところもあります。なお、利用する場合には受講料が別途必要です。

講師の人件費がかからない

資格予備校の講師の報酬は、担当する授業数に応じて支払われます。つまり授業が行われるたびに、人件費が発生しています。一方で、通信講座で行われる授業は、収録のための1回限りになります。そのため、予備校に比べて通信講座は人件費を抑えることができ、受講費用の低価格にもつながっています。

通信制の社会保険労務士予備校を選ぶ際に注意するべきポイント

通信講座での資格取得を決めた場合に、次は講座選びが必要になります。費用も講座内容も大きな差があるので、ご自身に合うかどうか必ずチェックを入れましょう。

講義の内容をチェックしよう

全国的な知名度を誇るなど、有名講師による授業が通信講座の魅力のひとつです。しかし講義がすべての方に合うとは限りません。近年はWebなどで、サンプル講義を無料で体験できるところが増えています。必ずチェックして、ご自身と合うかを確かめましょう。

講座の内容もあわせてチェック

近年増えているのが、紙のテキストが用意されていない通信講座です。スマートフォンやタブレットで完結する分、受講費用も抑えられているのですが、紙のテキストのほうが学習しやすいという方にとっては、都合が悪いといえるでしょう。受講料だけにとらわれることなく、講座の内容もチェックすることが大切です。

 

通信講座の主なメリットは費用の安さや自由度の高さ、良質な講義という点も見逃せません。一方でデメリットは、モチベーション維持の難しさということができるでしょう。「八士業」のひとつに数えられ、合格に約1,000時間の学習が必要という社労士は難関資格です。通信講座にするか通学にするかの判断は、ご自身の向き・不向きを踏まえることが大切です。

 

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

難関資格といわれる社会保険労使試験を受験する場合、ほとんどの方が資格予備校や通信講座を利用して勉強しています。受講するためには、どれくらいの費用がかかるのか、気になっている方も多いのではない

続きを読む

社名:株式会社リンクアカデミー 住所:〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目12-15 歌舞伎座タワー 15F TEL:03-6853-8066 難関の国家資格ではあるものの、合格すれば

続きを読む

社会保険労務士の資格は雇用や社会保険、年金の分野では唯一の国家資格です。資格をとって収入をアップしたい方もいるでしょう。しかし具体的にどんな勉強をすればよいのか分からない方は多いのではないで

続きを読む

社会保険労務士という職業をご存じですか?労働と社会保険の専門家として、さまざまな手続きを行う重要な役割を担っています。人気の資格ということで、予備校・通信講座など資格を取得できる講座の数が増

続きを読む

数ある資格試験の中でも、難関資格として知られる社会保険労務士ですが、試験対策はいつごろから始めるべきなのでしょうか?この記事では、一般的に推奨される開始時期を解説しています。また、社会保険労

続きを読む

社会保険労務士になるためには、さまざまな資格や知識が必要です。社会保険労務士になるための試験はどのぐらいの合格難易度なのでしょうか。この記事では、社会保険労務士試験の合格難易度や受けるために

続きを読む

社会保険労務士は、毎年4万人前後が試験を受ける人気の資格です。社会保険や労働保険の専門家のため、資格に魅力を感じる方は多いでしょう。しかし、実際にどうやって資格を取るかを知らない方は多いので

続きを読む

社会保険労務士とは、どのような業務を行っているのかご存知でしょうか。この記事では、社会保険労務士の主な業務内容や就職先について紹介します。また、社会保険労務士の仕事の魅力についても見ていきま

続きを読む

社会保険労務士と労務管理士はどちらも労務管理を行う仕事ですが、違いについて知っている方はあまり多くはないでしょう。仕事の幅や試験内容が変わるため、資格の取得を検討している方はきちんと理解して

続きを読む

社会保険労務士は難関資格ではありますが、さらにダブルライセンスを持っていると仕事を取ることに有利といわれています。そこで今回は、ダブルライセンスを取得するとどんなメリットとデメリットがあるか

続きを読む